2015年03月19日

週刊少年マガジン 2015年 16号

■DAYS
94th day 足音
聖蹟のゴール間際の波状攻撃!
しかし全て保科とアトムが防ぎきる!
この波状攻撃を全て止めるとは・・・さすが王者と言わざるを得ないか。
そしてホイッスル。

前半を0対0で終わり、東院は控え室に戻らず、すぐさまミーティングを始めた。
それだけ本気ということなのか。

保科曰く敗戦の足跡が聞こえてくる
身の引き締まる思いと笑みを浮かべる。

そしてここに来て新戦力の投下!
エース海藤だ。
どうやら万全の状態でないため、前半出てなかったようだが・・・。
エースだもんな。

ここまででトントンな勝負をしていただけに、これは聖蹟まずいな。
こちらも風間を出せればあるいは・・・。

■あひるの空
第467話 AIRF
菖蒲全然諦めてないなぁ。
1点勝ってるけど、ないものと考え
守るどころか攻めにいってるよ!

しかも決められた挙句フリースローって・・・
いやこれノーカウントでのフリースローってことなのかな?
どちらにしてもクズ高ピンチだな

■七つの大罪
第118話/激突!!妖精王の森
キングは魔神族の巨兵に大苦戦!
やはりかなりの強さだったわけだ。
メリオダスが簡単に倒したから、そんなに強くないと思ってたけど
めちゃくちゃ強い!

キングがかなわない中、立ち上がったのは仲間の妖精たちだった。
適わないと知りながらも敵に向かっていく仲間達。

キングは神器の解放をはじめた。
恐らく今まで一度もうまくいっていないこと。
強すぎる魔力から爪は剥がれ、鼻血を吹きながらも

真・霊槍シャスティフォルを覚醒!
見事、敵を倒すことに成功!

■リアルアカウント
account13/Real&Virtual
あからさまなカイデーアピールとか興ざめですわぁ( ‘д‘⊂彡☆))Д´) パーン
リアルでは肉体探しにヒロイン奔走。
男女ってか女装男な気がするんだが・・・
そいつとひょんなことから合流。

一方バーチャルでは主人公と相方はホテルに来てた。
いつクルか解らないメッセリレー
30秒以内に返信しないとアウト。

ずっと気を張り詰めて居なければならないが
疲労は溜まる一方。

そう寝落ち中にリレーが回ってきたときに教えてもらう仲間がいないとアウト!
主人公はすぐに理解してホテルにきたってわけだ。
そして片方ずつ仮眠をとり、メッセが着たら起こす。
そんな感じだ。

しかし、このゲームで一番えぐいのは参加者が半分になったらゲームクリアという条件と
薄い信頼関係。
そう。助けるといいつつ助けない裏切り!
全てはプレイヤーを減らして、ゲームを終わらせるため!

■神さまの言うとおり弐
第101話/正反対のアイデンティティ
ようやく明石を認めた佑。
そして理解する。
明石と自分は正反対だと。

佑は絶対の自信を持ち自分を信じぬけるが
明石は自分に対し自信がなく相手を信じぬくことで自分をなしている。
まさに陰と陽。

そんな中イレブンとトゥエルヴの勝負にかげりが。
明石がイレブンを踏んで佑をゴールさせる。
そういう話だったが明石の位置からでは踏み抜けないでいた。
ほかの方法を模索する明石だったが、佑は自らが踏み、先に明石をゴールさせるという。
勝負は引き分けでいい。
先に行け。

明石はそれを何の疑いもなく信じた!
しかし佑の口からは「バーカ」!?
どういうことなの!?

まさか佑助からないのか?


posted by しろん at 13:58| Comment(0) | マガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

週刊少年マガジン 2015年 15号

■七つの大罪
第117話/二人の妖精王
妖精王の森に突如として現れた巨大な魔神族。
圧倒的な魔力で森に攻め入るのを抑えたのはキングだった。
さすがキング。

一方バンは妖精の攻撃を受けていた。
バンを妖精王とは認めない妖精。
バンを閉じ込め、攻撃するも、バンには通じない!
そこで狙いをエレインに切り替え攻撃する!

バンはエレインを庇う形で胸を貫かれた。

■リアルアカウント
account12/既読スルー撲滅運動
リアアカの社長が記者会見。
どうするも出来ませんだとさ。
んで、解決方法・・・というか投げやりというか。
10日後に全サーバーを停止させるってさ。

プレイヤーはそれまでに現実世界に戻ってきてくださいだって!
めちゃくちゃ無責任だなww

一方仮想世界では既読スルー撲滅運動が始まった。
ランダムでメッセが回ってきて30秒以内に回さないと首つられる・・・

周りは回すだけだと楽観視するも
主人公はヤバイと、パートナーをホテルに連れ込んだ(((( ;゚д゚)))

■煉獄のカルマ
第20話 高校生編S
はぁ!?
ラストがこれかい。
んでまだ連載するのか。
自分はもうこれ切りますわ。
胸糞悪い。

■あひるの空
第466話 AIRE
空3P爆発!残り2分で2本決めた!
点差わずか1点!見えてきたぞ!!

■DAYS
93th day 2=15
臼井先輩は敵から見てもかなりの高評価。
プレイヤーとしての実力もさることながら、ゴール前の駆け引きに優れ、
さらには周りを「うまくなった」と錯覚させるほど、人を動かす能力に長けている!

柄本と来栖はなんとしても灰原にボールを渡したかった。
攻めの貴重な戦力を、今は守備に使っている事実。
灰原を自由に出来れば見えてくるものもある!

そしてなんとかボールは灰原の元へ!
灰原は華麗な個人技で敵を振り回すも抜けないでいた。
しかしわずか2秒・・・時間を稼ぐことで
大柴7m、水樹8m・・・攻め入る時間を稼ぐことが出来た!

■神さまの言うとおり弐
第100話/不覚
明石はどうしても三人で助かる道を探すつもりだ!
もちろん策など無い!

馬鹿すぎて怒りをあらわにする佑。
明石は言う「今度は俺が試す番だ。『お前を信じてよかった』って俺に言わせてみろ」

乱心!
佑は仲間を救うゴール出現プレートを見つけるや否や、自らつぶした!
しかし、奇跡は起こった!
なんとまったく同じゴール出現プレートを発見!

佑は戸惑った。
こんなことが起こりえるのか?
信じる力だとでもいうのか?

佑の心は乱れまくっていた。
俺も馬鹿なのか!?

しかしこれが予期せぬ結果を生む!
なんとゴールプレートを正しく踏み、仲間のためにゴールを出現させたのだ!
posted by しろん at 13:19| Comment(0) | マガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

週刊少年マガジン 2015年 14号

■七つの大罪
第116話/神器ロストヴェイン
神器ロストヴェインの切れ味もさることながら、
なんとメリオダスが5人に分身!?
実体をもっているのかはわからないが、
巨獣の強大な魔力5発に対して、5人に分かれたメリオダスの全員によるフルカウンター!
巨獣を一瞬に倒してしまう!

一方妖精王の森にも異変が!
なんとメリオダスたちが対峙していたのとは、また違った巨獣が現れた!

■DAYS
92th day 冠不要論
なんとか窮地をしのいだ聖蹟。
臼井のファインプレーだ。
周りは犬童、水樹、保科をビッグ3というが
当の保科は臼井こそ、ビッグ3に相応しいと賞賛する。

しかし、今の臼井にはそんな称号など、どうでもよかった。
ただ勝利を掴む!
その一心でここまできた!
聖蹟はこの男が守る!

■リアルアカウント
account11/ある恋の終わり
現実世界はお祭り騒ぎ。
まとめサイトやら、誰が最後まで生き残るかなど
もはや他人事である。

一方リアルでマーブルが本体を拉致する事件について
主人公は裏切った元カノに連絡。
自分の肉体もさらわれたことを知る。
そしてわざと冷たい言葉を発し、別れを告げた。
それはこれ以上彼女を事件に巻き込むわけにはいかなかったため、
わざと冷たい言い方をしたのだ。

しかし、元カノもまた、この発言の裏に気づき、
主人公の体を取り返すため動き出すことに!

一方、休憩といいつつ、裏で始まった
「既読スルー撲滅運動」とは!?

■煉獄のカルマ
第19話 高校生編R
ついにあの最低野郎の化けの皮がはがれた感じか!
これでようやく平和が訪れるのかな。
主人公がようやく主人公らしくなったな。

■神さまの言うとおり弐
第99話/夢見るバカ
パニックになったものたちはゴールに近い場所でパネルを探し出し
密集を始める。
だが、こうなってしまえば、足場は減り、出現したゴールに向かって
一斉に飛びつき、結果的にそのほとんどが命を亡くすことになる。
祐の思った結果になった。
明石もまた、バカの一人。
仲間を救うといいながら、救えず絶望し、もう一人の仲間を見捨ててここに戻ってきた。
タダの夢見るバカと切り捨てた。

しかし明石の本当のバカさを祐は読みきれていなかった!
なんと祐が狙っていたゴール出現プレートを踏んでしまったのだ!
さぁ三人が助かる道を考えろって・・・めちゃくちゃキレてるんですけどおお!?

■あひるの空
第465話 AIRD
3分で3Pを三本決める!
空はそう宣言したけど、言うとやるは全然違うよね。
まして敵は強豪。
そう易々と決めさせてはくれない!

そんな中でのまさかのナベさんの3Pシュート!
しかも決まった!
これは奇跡が起こるか!?って油断がいけなかった。
相手に入れられ、またすぐ差が開く。

どうする?時間はないぞ!
posted by しろん at 16:03| Comment(0) | マガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。