2015年04月09日

週刊少年マガジン 2015年 19号

★新連載
■ピンキュー
第1話 伝説のはじまり
面白い卓球漫画はじまた!
スポーツ強豪校に卓球をするために転向してきた主人公・南雲一卓1年生!

しかし現実は卓球部は唯一の弱小部!
光の当らない用具室で、僅かに入る体育館の光で1人練習をする卓球部員1年結城一平太。

たった一人で部を存続させているらしい。
南雲は偶然にもそんな一平太と同じクラスになる。

クラスメイトは南雲の転校理由を聞いてあっけに取られる。
よりにもよって弱小の卓球部で日本一になる?
ばかばかしい!

だが、南雲はそんな事情ははじめから知ってて転校してきたそうだ。
一番弱いからこそアリがゾウを倒すが如く日本一になれば、それは伝説になる!
そういう理由らしい。

早速練習を提案する南雲だが、一平太は体育館は使えないという。
この学校では弱いものには練習する場所さえ与えられないという。
奪ったのはどうやらバスケ部のようだ。

世界ランカーを目指す南雲は、まずは高校日本一!
そのためにも体育館は取り戻すしかない!

南雲は体育館で卓球台を広げるが、当然の如く絡んでくるバスケ部!

どうやら以前にバスケ部と卓球勝負をして、負けたために場所を奪われた経緯があったようだ。
そこで南雲は再勝負を提案する!

しかもラケットを使わず、定規で相手をするという!
バスケ部1年藤崎も流石に頭にきたのか勝負を飲んだ!

勝負は一本勝負!
先に決めたほうが勝ち!

ラケットVS定規!
一見勝負にならないかに思えたが、南雲のカットマンとしての実力は相当のもの!
なんと渡り合えている!
しかし、定規では回転がかけられないため、ラリーを続けるのが精一杯な状態!

だが、回転はかけられなくても厳しいコースに狙いさえすれば!
藤崎は油断して厳しいところをつかれ、これで勝ち!・・・と
そう思った瞬間だった!まさかのキャプテン乱入w

きたねぇ!さすがバスケ部きたねぇ!
二体一になってしまったが、南雲の凄まじい反射神経のほうが上回り、
ものともせずラリーを続ける!

常人離れした反射神経と動体視力!
その強力な武器でバスケ部を翻弄する南雲!

バスケ部二人を左右の端に導き、甘い玉を全力で真ん中に打ち放ち、勝利を手にした!
これは面白そうな漫画だ!

■神さまの言うとおり弐
第104話/物語は
メグたちのカミーズフォンが謎のカウントダウン!?
一方カミマロと「ぜつぼうたおし」だった神の子二人が
ルールを無視して爆弾つき棒をもってカミマロに特攻!

しかし、そんなものでカミマロを倒せるはずもなく、反則で失格!
カミマロに逆に爆弾を食らわされ、瀕しの重症のまま、天から放り出される。

一方、アシッド・マナと対峙していた丑三もピンチにあった。
カウントダウンするカミーズフォンに目を付けられ、よこせと要求されていた。

ユルサネーション丑三!
カウントが0になり、闇に飲まれた!

助かったのか・・・?

闇・・・いや影!?
影の中を泳ぎ、丑三は自分のスケボーをゲットする。
そして出口の光・・・

だが出た先は、天から放り出された神の背中!?
空中で重症の二人を掴む丑三だったが、この状況・・・やばすぎ!

■七つの大罪
第121話/予測不能
マーリンの背後をとったガラン!
やられる・・・!そう思った瞬間!
スレイダーが間に入り、威圧を放つ!
が、逆に圧倒的な威圧で押しつぶされ、なぎ倒され、一撃で戦闘不能!

マーリンはガランに提案を持ちかけつつ、頭の中では最善策を模索しようとしていた!
しかしこれがまずかった!

マーリンの体が瞬く間に石化したのだ!
これはガランの力で、何人もガランの前で嘘をつくと、石化させられてしまうのだ!

十戒・真実のガラン!
強いだけでも厄介なのに、こんな能力まであるのか!

メリオダスは魔神の片鱗を見せ戦うも、所詮は闘級4400!
まるで相手にならない!

他の兵やメリオダスの分身もすぐさまバラバラに切り刻まれる!

メリオダスは魔神の力をさらに引き出し、力を上げる!
闘級は1万300まで跳ね上がるも、それでもガランの半分以下!

メリオダスは完全に意識を失わずに制御しながら戦うも、
ガランから一蹴される。

「まさかここまで腑抜けとるとはな」

この言葉から察するにメリオダスは弱くなった!?
もちろん過去のメリオダスと比較して・・・という意味だろうが・・・

腹を貫かれるメリオダス。
ガランは引き続きメリオダスの頭を貫き、
ディアンヌを引き裂き、スレイダーにトドメをさし、石化したマーリンを粉々に砕いた。

アーサー、エリザベス、ホークは事前にマーリンのパーフェクトキューブの中にいたため
なんとかやられずにすんだが・・・

全滅するとは・・・
ガランは去ったが高笑いと共に現れたゴウセル・・・その意味とは!?

■リアルアカウント
account16/蔵科ミズキ
いきなり生肉食う?と迫る危険人物蔵科ミズキ。
見た目は優男だからいきなり刺してきたりする危険人物。

なんとかミズキを振り切る主人公だったが、
ミズキとその取り巻きが路地に入っていくとこを目撃。
何か嫌な予感がして、見に行くと、ナイフを手にするミズキと
血に染まり横たわる数名!

プレイヤーが半分以下になればこのゲームは終わる。
しかし、自ら手を下して減らすのはどう考えてもおかしい!

主人公はミズキを止める!
しかし、やられていたほうはなんと望んで狂気の刃を受け入れていた。
つまり「ジサツシガンシャ」

ミズキはそれを手伝ってたという。

ミズキはそんな志願者の絶望に満ちた表情をスマホで撮る事に興奮を覚える。
そんな中、返信チャットがミズキに来て、その返信をスタンプをつかって主人公を指定してきた!
早く返信しないとまずい!

しかしミズキはそれを阻止する!
優男の割に力が強いのか、スマホを握った手を押さえつけられ、振りほどけない主人公。
時間は刻々と過ぎていく!

泣き叫ぶ主人公
それを冷めた目で写真に撮るミズキ。

ギリギリのところで相棒の女の子がトビ蹴りで助けに入り、なんとか助かる!
しかしミズキは主人公にガッカリした様子。

「普通だねぇ。からっぽ同士かとおもったのに」

絶望を望むミズキ・・・危険な男だ!

■DAYS
97th day 当選者
エース海藤の意表をついた地面シュートはなんとか入らずに済んだ。
しかし恐るべきは両足が利き足ということ。
「同じぐらい使える」そんなレベルではなく生まれながらにして純粋な両利き。
まさに宝くじで大当たりに当選したのと同義。

しかし東院はエースだけじゃない!
部員全員のレベルがそもそも高い!

一気にプレスをかけてくる!

聖蹟一年、来栖はボール離れと判断の遅さをエースに指摘される。
しかし、来栖は執拗にボールキープをしたがる。

そしてなかなかのキープ力を見せる!

しかしこれには味方も困惑!
一体何故そんな無謀を!?

すべては風間からの指示だった!
10秒間!

10秒間お前がボールをキープできれば、君下先輩のマークが外れる!
それを見越してのキープ!

そして狙い通りうまく君下のマークが外れる!
そこをすかさずパスでつなぐ!

君下と水樹の約束
「来年二人でてっぺんを獲る」

ちがうな聖蹟全員で獲る!
いけつくし!


posted by しろん at 16:14| Comment(0) | マガジン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。