2015年04月05日

ワールドトリガー 第24話「玄界の雛鳥」

敵の真の狙いが掴めぬまま、修と木虎はC級隊員が避難活動をしている地区を目指す。

大量のトリオン兵の投入・・・
バラバラに攻める戦略・・・
拠点を攻め落とさない・・・
敵を捕獲するにも、ベイルアウト機能がある・・・
リスクがメリットを上回っている。

敵の謎の行動・・・腑に落ちない本部

そんな中遭遇した今までにない新型!
さらにモールモッドまで現れた!

木虎は新型を、修はモールモッドをそれぞれ相手にすることに!

かつて修が初めてモールモッドに対峙した際は
空閑が倒してくれた・・・しかし、今は独り!
修の成長がみれる!

以前の修の戦力の見立てでは20人修がいても18人はやられる計算だったが・・・
今回はやれるのか!?

不安をよそにちゃんと戦える修!
今まで培ってきたものをちゃんと出し、勝利を納めた!
修も成長している!

一方木虎も好戦していた!
相手の砲撃を警戒して距離を取った銃撃戦。
敵はなす術もなく攻撃を受け続けるも、その分厚い装甲に守られダメージは与えられないでいた。

そんな中新型は木虎を無視して上空に飛びあがり無差別に街を破壊し始めた!
木虎は熱くなって上空に飛び出すも、逆に反撃にあい、地面にたたきつけられる。

もう駄目だ・・・そう思った瞬間。
過去の失敗を思い出し、諦めない気持ちを取り戻す!
木虎はとっさに自分の足を切り、相手の懐に飛び込み、一閃!

新型を倒すことに成功!
しかし倒した機体からラッドが現れ、ゲートを出現させる!
その中からは新型が三体!!

奴らの目的はベールアウト機能のついてないC級隊員だったのだ!
迫りくる敵に捕らえられる木虎。
助けようとして吹き飛ばされる修。

そして敵を前にして動けない千佳!
どうなる!?


■前回
ワールドトリガー 第23話「神の国アフトクラトル」

■次回
ワールドトリガー 第25話 「ボーダー最強の部隊」

■ワールドトリガー 感想まとめ
ワールドトリガー 感想まとめ


ラベル:アニメ
posted by しろん at 07:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。