2015年03月29日

ワールドトリガー 第23話「神の国アフトクラトル」

大規模侵攻は更に進み、新型投入に苦戦を強いられるボーダー。
作戦としてはB級隊員全員で市街地で避難が進んでない地区を各個撃破。
新型ネイバーはA級隊員に任せるとのこと!

バラバラに新型を相手にしても捕獲の可能性があるから
全員で可及的速やかに各個撃破するのはいい戦略かもしれない。

まぁ被害は覚悟の上だろう。

そんな中、修の目の前に現れる新型!
なんとか一撃を防ぐも、修で敵う相手ではない!
遊真はブラックトリガーを使い、新型を一撃で吹き飛ばす!

厚い装甲もぶちぬく威力はさすがブラックトリガーといったところか。

しかし、これが裏目にでてしまう。
遊真を知らない茶野隊に人型ネイバーと誤解され攻撃を受けてしまう。

その隙を新型は逃さず、茶野隊の捕獲を試みる!
嵐山隊がすぐにかけつけ茶野隊は無事救われたし、遊真の誤解も解かれた。

一方本部では空からの攻撃に対処していた。
以前遊真が落とした空飛ぶ巨大ネイバーだ。

今回は初めから本部に突貫するために仕掛けてきたようだ!
なんとか一度は防御に成功。

だが、あと一撃もたせるのが限界!
敵は残り三体!
本部の攻撃は一体に集中!それを撃破!
しかし残り二体!耐えられない!

そんなとき一体を太刀川さんが切り刻む!
さすがA級1位!

もう一体は本部の防御でなんとか耐える!


修は個別に千佳のいる市街地に救助に向かいたいと本部に進言。
これを許可されるが、遊真は人型ネイバーと誤解され混乱の可能性を考慮し市街地救助は出来ないと却下された。

遊真の代わりに木虎が修についていくことに!

今回の戦闘シーンは見ごたえあったなぁ(´・ω・`)b

■前回
ワールドトリガー 第22話「大規模侵攻開始」

■次回
ワールドトリガー 第24話「玄界の雛鳥」

■ワールドトリガー 感想まとめ
ワールドトリガー 感想まとめ


ラベル:アニメ
posted by しろん at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。