2014年10月12日

ワールドトリガー 第2話「近界民とトリオン兵」

空閑無防備すぎるw
100万円を見せびらかして、次々とトラブルを寄せ付ける。
その度に暴力でかたをつける空閑に修は注意する。
空閑もなんとか理解して無用なトラブルを起こすのはやめると約束する。

そんな時再び車にはねられる空閑。
すぐさま傷が修復する空閑を見て、空閑がネイバーだという事実を
ようやく信じた。

空閑の生きてきた世界は常に戦いだったようだ。
修は空閑の人格がなぜこうなのかを納得させられる
そんな最中、学校にゲートが開き、二体のトリオン兵が暴れまわる!
修は戦う覚悟を決める!

■前回
ワールドトリガー 第1話「異世界からの訪問者」

■次回
ワールドトリガー 第3話「三雲修の実力」

■ワールドトリガー 感想まとめ
ワールドトリガー 感想まとめ


ラベル:アニメ
posted by しろん at 07:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。